自給自足で日本に旅行する際に荷物をすばやく運ぶためのヒント

日本の自給自足旅行:輸送手段による荷物の輸送

多くの場所への移動や訪問に便利な軽量の荷物を持って、一人で日本に旅行したいですか? 日本旅行でかさばる物を持ち歩くことを気にせず、自由に買い物をしたいですか? それらの効果的なヒントを明らかにします。日本で荷物を運ぶのがこれまでになく簡単だったことに驚かれることでしょう。

輸送する

日本では、電車の中で大きくてかさばる荷物を入れるスペースがほとんどありません。特にラッシュアワーや長距離のロードトリップ中。 ただし、成田エクスプレスやハクラなどの空港行きの列車や、日本の田舎の新幹線は例外です。これらの場所は通常、荷物のための十分なスペースで設計されています。 高速列車の頭上の棚は、高さ約40cm、奥行き60cmになるように設計されています。そのため、かさばる荷物を入れるのに十分なスペースがありません。 日本の鉄道規制は非常に厳しく、明確です。各乗客は、小さなバッグを除いて、最大2個の荷物を機内に持ち込みます。各手荷物の重量が30kgを超えることはできませんのでご注意ください。

バス

空港や高層ビルへのほとんどのバスには大きな荷物室があります。ただし、お一人様1〜2個の荷物のみご利用いただけます。また、バスに乗せることができる小さな荷物。

市内を走るバスの場合、荷物室は設計されていません。かさばる荷物を整理するのに時間と労力が無駄になるからです。ですから、一人で日本に旅行するときは、市内バスで大きな荷物を運ばないように注意する必要があります。

飛行機

フライトの手荷物ポリシーは航空会社によって異なります。ほとんどの航空会社は、料金に応じて、乗客が受託手荷物を持参することを許可しています。

タクシー

ほとんどのタクシーはたくさん運ぶことができます:大きなスーツケースや後ろのコンパートメントのかさばるアイテム。したがって、これは、バスや電車に荷物を快適に置いておく必要がなくなる便利な方法でもあります… 個人のレンタカー 一人で日本に旅行するときは、行きたい場所に自由に移動できます。自家用車を借りることは、これを行うのに役立つだけでなく、荷物の手配にも率先して取り組みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です