1年以上帰国する場合は、在留資格を再申請してください。

1.在留資格はいつ再申請できますか?

入国管理局に聞いたところによると、有効期限の1ヶ月前に再申請することができます。 例:2020年2月の初めから母国に戻った場合、ステータスの有効期限が切れていなくても、2021年1月の初めまでに新しいステータスを申請できます。

2.在留資格申請時の書類

妻と子供たちの在留資格を申請したときと比べると、名前と住所を入力するだけの形があります。

必要書類:

  • 在留資格申請書(在留資格資格交付申請書)。なお、このフォームに記入する際、項目17は入国時刻を示し、帰国前に日本に滞在します。

  • 滞在したい人の在留カードの写真

  • 再申請の理由を書くための紙

3.結果

1ヶ月半待った後、ようやく在留資格が到着しました。この新しい在留資格により、初めて申請された在留資格と区別するために、在留資格のすぐ上に番号1584が追加されます。 現在、流行が蔓延しているため、付与された在留資格は通常の3か月ではなく、より長期になります。次のように

  • 2019年10月1日から2019年12月31日までに付与されたステータスの場合、2021年4月30日まで有効です。
  • 2020年1月1日から2021年1月30日までに付与されたステータスについては、2021年7月31日まで有効です。
  • 2021年1月31日以降に付与されたステータスは、付与日から6か月間有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です